スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度事業計画などを了承-全自病(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)が5月27日に開いた定時総会では、2010年度事業計画が了承された。邉見公雄会長は冒頭のあいさつで、自治体病院の苦境を指摘する一方、「日本はやはり人を大事にする国だと思う。『人間第一主義』をやる一つの核が、われわれ自治体病院だと思っている」と強調した。

 10年度事業計画は、▽組織の拡充・連携▽自治体病院・診療所の運営、管理についての支援▽医師臨床研修制度への対応▽全国自治体病院学会の開催▽広報活動の充実・推進―などが柱。

 組織の拡充・連携では、新公益法人制度に向けた事業内容の見直しの検討などを行う。
 また、自治体病院の経営健全化の推進に向け、▽地方公営企業会計制度見直しに関する相談・支援の実施▽医薬品ベンチマーク分析システムの提供▽医療経営力養成プログラム(日本医療経営機構)の活用―などを盛り込んだ。
 このほか、自治体病院・診療所医師求人求職支援センターの運営に当たり、新公益法人制度では「収支相償」が求められるため、事業実施に必要な経費が賄えるよう検討を進める。

■自治体優良病院10施設を表彰
 総会では自治体立優良病院表彰式があり、4病院が「総務大臣表彰」を、6病院が「全国自治体病院開設者協議会・社団法人全国自治体病院協議会会長表彰」を受けた。
 表彰を受けた病院は次の通り。

「総務大臣表彰」
 岩手県立釜石病院(岩手県釜石市)▽大垣市民病院(岐阜県大垣市)▽総合病院坂出市立病院(香川県坂出市)▽鹿児島市立病院(鹿児島市)
「全国自治体病院開設者協議会・社団法人全国自治体病院協議会会長表彰」
 岩手県立中央病院(盛岡市)▽奥州市国民健康保険まごころ病院(岩手県奥州市)▽兵庫県立姫路循環器病センター(兵庫県姫路市)▽高千穂町国民健康保険病院(宮崎県高千穂町)▽鹿児島県立大島病院(鹿児島市)▽枕崎市立病院(鹿児島県枕崎市)


【関連記事】
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長
医師確保対策などで要望書-全自病など
来年度事業計画など了承―日病が総会
明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長
公立病院の経営改善事例集を公表―総務省

農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員(医療介護CBニュース)
<不同意堕胎>医師「流産させた」 容疑の一部認める供述(毎日新聞)
これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)
スポンサーサイト

篠山紀信氏を略式起訴 ヌード写真集の屋外撮影で(産経新聞)

 東京都立青山霊園でヌード写真の撮影を行ったとして、東京地検は20日、公然わいせつと礼拝所不敬の罪で、写真家の篠山紀信氏(69)を略式起訴した。

 篠山氏は平成20年8月16日から10月15日の間、青山霊園や江東区有明の有明北橋上など計12カ所の屋外で、公然と女性の裸の写真を撮影したとして、警視庁が今年1月、公然わいせつ容疑で書類送検していた。

 この時に撮影した写真の一部は、昨年1月に発売された写真集「NO NUDE by KISHIN 1 20XX TOKYO」に収録されている。

【関連記事】
「記念碑的な作品作りたかった」 篠山紀信氏とモデルの計3人を書類送検
衝撃告白!篠山紀信“お願い”に原紗央莉「断れなかった」
エンタメ? わいせつ? 写真評論家に聞く篠山紀信写真集の違法性
公然わいせつ写真集、ネットで暴騰プレミア価格!
草刈民代、涙で激白…ヌード写真集を出した本当のワケ
中国が優等生路線に?

違法薬物「RUSH」9千本販売 無職男を逮捕(産経新聞)
パンから5cmのカッター刃…口に入れ気付く(読売新聞)
「普天間」日米外相、防衛相会談へ…5月下旬(読売新聞)
淡路島の高速道5台事故、3人重軽傷(産経新聞)
ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)

佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定(医療介護CBニュース)

 佐賀県内にある多床室とユニット型個室を併設する「一部ユニット型」の特別養護老人ホーム(特養)が、国の方針とは異なる解釈に基づき介護報酬を算定していたことが、キャリアブレインの取材で5月11日、明らかになった。

 今回、明らかになったのは2003年4月よりも後に新設された佐賀県内の1か所の特養。同県では、施設の規模や設立年度については公表できないとしている。また、「もし国から、該当施設について指摘や問い合わせがあった場合は、現状を説明し、理解してもらえるよう努める」(長寿社会課)という。

 国は、03年4月以降に新設された多床室とユニット型個室が併設されている施設については、個室部分を従来型の基準で取り扱い、介護報酬を算定するよう求めているが、群馬県と埼玉県も佐賀県と同様、両タイプが混在する施設であっても、個室部分を従来型より報酬が高いユニット型として認めている。
 これに対し国は介護報酬の「過払い」の可能性もあるとして、こうした自治体の動きを問題視。厚生労働省は実態調査に乗り出し、月内にも調査結果を固める方針を示している。


【関連記事】
神奈川県が「一部ユニット型」の認可を検討、6月新設の特養に
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省
特養待機者が約42万人-施設整備の遅れが原因か
特養など介護保険施設の増加は計画の7割

女性に跳び蹴り 男が財布奪い逃走(産経新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
嘉山委員「原則の改変があった」―診療報酬改定で講演(医療介護CBニュース)
法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市〔地域〕(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。